工務店で家造りした場合のメリット

地域に根差し、地域の特徴を把握している

工務店の多くは地域に根差して営業を行っています。そのため、その地域の特徴に合わせた家造りができることが工務店のメリットの一つです。たとえば、雨がよく降り湿気の多い場所や、豪雪地帯で屋根の上に多くの雪が積もる地域など、それぞれの特徴に応じて最適な家造りを行ってもらえるのです。さらに、その土地の交通事情や地域の実情にも精通していて、周囲の環境にも配慮した設計も行ってもらえます。また、地域に根差した工務店は地域での信用が大切なので、信頼関係を築くために家が完成した後もアフターサービスを実施しているところが多いです。たとえば、水回りのトラブルなど家に何か不具合があれば、電話一本で当日中に家に来てくれることもあります。

設計の自由度が高く、コストも抑えられる

規格化されたハウスメーカーの住宅と比較すると、工務店の家造りでは制約が少なく設計の自由度が高いのもメリットの一つです。そのため、使う資材や設備を自分で選ぶことができ、外観から内装にいたるまで自分好みの家にしやすいといえます。自由に設計できるからこそ費用を調整することも可能です。たとえば、こだわりの強さによって部屋ごとに建築資材を変えたり、設備のアップグレードやダウングレードをしたりすることができます。また、同じような家を建てる場合ハウスメーカーに比べると、工務店は費用を安く抑えられるというのもメリットの一つです。ハウスメーカーでは広告宣伝費や営業マンの人件費などのコストが建築費用に転化されるため、実際の建築費より割高になる傾向にあります。一方、工務店ではこういったコストはあまりかからないので、ハウスメーカーと同じ仕様の家でもコストは安くなる傾向にあるのです。