工務店で家造りした場合のデメリット

仕上がりのイメージを掴みにくい

設計の自由度が大手ハウスメーカーよりも高いということから、マイホームを建てるのであれば地元の工務店でと、考えている人も多いのではないでしょうか。ただ、工務店で家作りをしたときの、デメリットも事前に知っておく必要があります。工務店に依頼してマイホームを建てる際に、起こりやすいデメリットとして挙げられるのが「仕上がりをイメージしにくい」ということです。大手ハウスメーカーの場合、展示場やショールームがあるので、仕上がりを目で見てイメージすることができます。ただ、小さい工務店だと展示場やショールームは無いので、具体的なイメージを掴みにくいと感じる人も多いようです。このようなデメリットを解消するには、工務店側ともしっかり話し合いイメージを共有するということが大切です。

施工レベルに差がある

大手ハウスメーカーの場合、家作りに使用する構造部や部材は規格製品となっているケースがほとんどです、さらに家作りもプラモデルを作るかのように、マニュアル化されているのでどこで家を建てても品質に差はありません。工務店の場合、働いている大工さんや職人さんの能力次第で、施工レベルに大きな差が出てしまいます。欠陥住宅とまではいかないものの、施工レベルに差があるという点を踏まえて、腕の良い工務店を選ぶ必要があります。一生に一度の大きな買い物となるマイホーム、できるだけ品質の高いものにしたいものです。長年、地元に密着して多くの住宅を手掛けてきた工務店であれば、信頼性も高く安心して家作りを依頼できるでしょう。