工務店で家造りするときの注意点

倒産してしまう危険性がある

工務店はハウスメーカーに建築を依頼するよりも費用が安くなる場合が多いため、家づくりの依頼の比率をみると実は工務店に頼んでいる人のほうが多いです。しかし工務店で家造りをする際にはいくつかの注意点があります。まず工務店にはいくつかの種類がありますが、そのほとんどは社長を中心に数人の大工が在籍している地域密着型の小規模な会社です。つまり工務店に家造りを依頼するという事は中小企業に家の建築を依頼するという事になります。中小企業に常について回るのが倒産の危機です。家を建築してもらった建築会社との付き合いは家が完成して終わりではありません。家というのは定期的なメンテナンスが必要ですし、場合によっては欠陥住宅になっていることもあります。その際に建築した工務店が倒産してしまっては適切なケアを受けることができなくなります。

品質が一定ではない可能性がある

大手ハウスメーカーの場合はその会社独自の厳しい規格があり、その規格に則って家を建てているので建築された家の品質は一定の水準を保っています。しかし工務店の場合はそういったマニュアルがないことがほとんどで、すべては実際に工事をする職人さんの長年の経験と勘にゆだねられます。したがって優れた職人さんが多く在籍する工務店であればハウスメーカーをはるかにしのぐ品質の家を建ててもらえますが、逆にかなり品質が劣る家を建築されてしまうこともあります。当たりはずれの幅が大きいのはデメリットといえるでしょう。また家を建築する際には工事が的確におこなわれているか現場の監督がチェックしますが、工務店の場合は実際に施工をする人が現場監督を兼ねていることが多く、チェックが甘くなりやすい点にも注意が必要です。