ハウスメーカーで家造りするときの注意点

細かな仕様変更が難しい

ハウスメーカーで家造りをするときにはあまり基本形からの仕様変更ができない場合が多いので気をつけなければなりません。できる場合でも標準料金に追加でお金を支払わなければならず、予めパッケージ化されている範囲内にしておかないとかなり総額が高くなってしまうことがあります。そもそも構造上できない、提携先のメーカーにそのような仕様のものはないと言われて対応できないという結論になることもあるので注意しましょう。住宅設備や建材などにこだわりがあるの場合には、その全てに対応しているハウスメーカーを探し出すことが大切です。きっとこれもやってくれるはずだと決め付けて選んでしまうと失敗するリスクが高いと覚えておきましょう。

価格交渉をするのが難しい

ハウスメーカーのほとんどは広いエリアで事業を展開していて、どのエリアの顧客に対しても同じ水準のサービスを提供するように心がけています。その統率を上層部から組織的に行っていることが多く、特にトラブルの原因になりやすい料金については明朗会計となっている場合がほとんどです。プランごとに基本料金が決まっていて、それにプラスで仕様を変更するときや設備を導入するときなどに費用を足していき、合計額が見積もりとして出される仕組みになっています。このように料金が明確化され、営業担当者が料金に関する決裁権を持っていないのが通例なので、たくさんオプションを足したから割引にして欲しいなどといった形での交渉があまり成立しません。